ペットの胃・小腸・大腸の病気

ペットの胃・小腸・大腸の病気

食欲が無い、嘔吐、下痢などの症状は日常的にあることですが
原因が何なのかがわからないと心配になりますよね

 

人間同様に、胃や腸が悪くなると嘔吐や下痢になることがあります。

 

胃炎や胃潰瘍の症状

腐った食べ物や飲み物、おもちゃなどの異物を食べてしまった時
または、有害な物質などが口に入ってしまった時など、胃の粘膜が
損なわれて、急性あるいは慢性の炎症がおきて、胃炎になります。

 

この胃炎の症状がすすんで胃の粘膜に傷ができてくると胃潰瘍になってしまいます。
細菌やウイルスに感染したり、ストレスからも胃炎や胃潰瘍になってしまうこともあります。

 

また、病気治療の為の抗炎症薬などの投与でも副作用で胃潰瘍になることもあります。

 

 

小腸炎の症状

胃炎同様に腐った食べ物や飲み物で小腸に炎症がおき、下痢が主な症状です。
細菌やウイルス感染、まれに食物アレルギーでも小腸炎がおきます。

 

小腸炎は胃炎と一緒に起きることがありその場合には胃腸炎になります。
バルボウイルスに感染すると急速に悪化して死亡してしまうこともあります。

 

大腸炎の症状

大腸の粘膜は、水分や電解質を吸収するところで、この粘膜に炎症が起きると
大腸炎になり下痢をします。

 

大腸炎での下痢は、粘液が混じることがあり、症状が進んできて腸壁に潰瘍が
出来ると便に血液が混じることがあります。

 

また、大腸炎は下痢だけではなく便秘にもなり、それが交互に繰り返される事が
続くことがあります。

 

 

治療薬としては、胃酸分泌抑制薬、胃酸中和薬、止瀉薬、運動機能調節薬、抗生物質
制吐薬、整腸薬、下剤などを使います。

 

売れ筋ランキング

ペットの胃・小腸・大腸の病気記事一覧

ペットの胃酸分泌抑制薬の作用ペット胃酸分泌抑制薬胃炎や胃潰瘍、十二指腸潰瘍などの治療に使われるのが胃酸分泌抑制薬です。この薬は、胃酸の分泌を抑えます。消化性潰瘍治療剤胃酸は胃壁にある細胞から出ています。その細胞には化学物質のヒスタミンを受け入れる鍵穴のようなH2受容体があり、その鍵穴にヒスタミンが入ることで刺激を受けて胃酸の分泌を促します。H2ブロッカーという成分はヒスタミンが受容体つまり鍵穴に先...

止瀉薬(腸炎の下痢を止める)細菌やウイルスによる感染で下痢をしている場合には下痢を止めるのは良くないことですが、腸内の炎症から下痢をしている場合には下痢を止めないと脱水症が起こってしまうので、早く止めてあげましょう下痢止め麻薬効果を持たないモルヒネ様物質であり、腸の分泌や運動を抑制することで食物の滞留時間を延長し、下痢を止める。成分:ロペラミドカグダリンカプセル1mg(寿製薬)カグダリン細粒0.1...

胃や腸の運動を調整する薬鎮痙薬腸の活動が活発になりすぎると下痢になりやすい!消化管の働きは自律神経の1つである副交感神経によって調節されています。副交感神経が興奮するとアセチルコリンと呼ばれる物質が放出されて、消化管運動が活発になります。逆にアセチルコリンの量が少なくなると、消化管運動が鈍くなります。このアセチルコリンの放出量の調節にはドパミンとセ口卜二ンという物質が関与しています。消化管の働きは...

胃や腸の病原菌を殺す薬(抗生物質・合成抗菌薬)消化器系の病気が起こる原因に細菌による感染があります。細菌は、抗生物質や合成抗菌薬を使うことで殺すことができます。ペニシリン製剤成分:アモキシシリンノバモックス125mg 5mlノバモックス250mg 30ml成分:アモキシシリン、クラブラン酸カリウムクラベット500クラベット250(10錠)クラベット500(10錠)クラブロックス15ml適応菌種ブド...

腸内環境を整えるサプリメント人間同様に犬や猫の腸内にも常在菌がいます。善玉菌と悪玉菌のバランスが悪くなると腸内の環境が悪くなり、色々な障害が起こります。下痢などはその初期症状でもあるので、腸内環境を整えて病気を予防しましょう善玉菌と呼ばれる乳酸菌を増やすことが予防につながるのです。乳酸菌は、食物繊維を発酵させてそれをエネルギーにして生きています。食餌に食物繊維を沢山入れればいいのでしょうが、ペット...