ペットの心不全治療薬

犬・猫の心不全って

心臓は血液を循環させるという重要な役目を持った臓器です。
その心臓に大きな負担をかけることを長く続けると機能を果たせなくなってしまいます。

 

犬の心臓病で代表的なものは、フィラリア症、心不全、僧房弁閉鎖不全があります。
また、先天的な心臓病として、心房中隔欠損症や心室中隔欠損症、動脈管開存症
肺動脈狭窄症、ファロー四徴症などがあります。

 

猫では、肥大型心筋症が多いです。

 

先天性のものは成長するうちに開いていた穴が塞がったり、問題のない範囲だったりしますが
油断はできません。

 

ペットが老齢化で動脈硬化を起こしたり、フィラリア症に感染したりすると心臓での血液の
循環機能が衰えてきて、咳や呼吸困難などの症状があらわれます。

 

心臓の収縮力が低下した状態のことを心不全といい、症状にあわせて病名がつきます。

 

心不全の治療には、心臓に負担がかからないように血液の循環がスムーズにいくように
細くなってしまった血管を広げたり、循環させる血液量を少なくしたりする薬が使われます。

 

また、心臓の心拍数を減らして負担を軽くする薬も一緒に使われます。

 

心臓に異常が起こってもすぐに症状が現れるわけではなく、徐々に現れてきます。

 

第一段階では、目に見えての症状はありません。

 

第二段階は、少しの運動でも息切れをするようになり肺にむくみがでて気管を圧迫するために
咳が出はじめます。お腹に水もたまるようになってきます。

 

更に症状が進み第三段階では、むくみが全身にひろがり呼吸困難の症状が出てきます。

 

心不全は症状が現れてきた時には第二段階に入っています。この時に気がついて適切な
処置をしないと、短期間で病状が進行してしまい手遅れになってしまうことにもなりかねません。

 

日頃からペットの様子を観察するようにしておきましょう

 

人間の心臓のつくりと血液の流れとういう動画がありました。

 

売れ筋ランキング

ペットの心不全治療薬記事一覧

ペットの利尿薬の作用心不全の治療を始める前に使われるのが利尿薬です。心不全にの治療に何故?利尿薬を使うのかと不思議に思いますよね心不全は心臓に負担をかけないようにすることが症状を軽くするのにいいので負担をかけないためには、心臓に送られる血液量を調整するために血液に含まれている水分を尿として排泄させてしまう方法をとりるからなのです。血液に含まれているものは大きく分けると血漿と血球です。割合は、血漿が...

ペットの強心薬の作用強心薬とは、簡単に言うと心臓の働きを高める薬です。弱ってきた心臓の心筋の収縮力を高めます。心臓の動きはポンプのように動いていて、心臓に血液を取り込む時は心筋が伸びて拡張し、送り出す時に心筋を縮めて血液を吐き出します。その為に心筋が弱ってきているとその機能も弱って充分に血液を送り出すことができなくなりますので、薬で収縮力を高めます。心拍数を減らします。心拍数と言うのはこのポンプの...

ペットの血管拡張薬の作用血管を広げることで血圧を下げる薬ポンプのような動きをする心臓と血液を運ぶパイプの役目をする血管。心臓から血液が血管を通して送り出される時に強い圧力がかかることを血圧といいます。血管が細くなってしまうとこの送り出される圧力が高くなり高血圧になってしまいます。すると心臓に大変な負担が掛かってしまうので、血管を拡張すれば血圧が下がるとの考えから薬で、血管を広げて血圧を下げます。血...

ペットのACE阻害薬(アンギオテンシン変換酵素阻害薬)の作用動物の体には血圧を調整することが出来る複雑なシステムがあってその中で血管を収縮させる効果を持つのが、アンギオテンシンUという物質です。アンギオテンシンUは生体内で、アンギオテンシン変換酵素(ACE)と呼ばれる酵素から作られます。血管を収縮させないためには、このアンギオテンシン変換酵素の生成を妨げて、血管を拡張させる効果のある薬を使います。...

ペットのカルシウム拮抗薬・カルシウムチャンネル阻害薬の作用血管を広くさせて、血圧を下げる薬です。血管の壁は内膜・中膜(平滑筋)・外膜の3層構造でできていて、細胞内のカルシウム濃度が上昇してくると中膜の平滑筋が収縮して血管を細くします。血管が細くなってしまうと血圧が上がってしまうのでそれを阻止するためにカルシウムが細胞内に入ってこないように通り道を塞いでしまう薬です。また、この薬は何種類かあって、心...